Сумка мешок своими руками выкройка


Сумка мешок своими руками выкройка

短い帯の結び方〜☆(名古屋帯編)

あまりのかわいさに衝動買いしてしまったアンティークの帯。。。


実際締めてみると・・・長さが足りない!

お太鼓の柄が出ない〜〜〜〜汗

高かったのに〜〜〜〜〜〜ムニョムニョ


・・・・ってことありませんか??


そのお悩み、この結び方で一気に解決しちゃいます☆☆





?まず、出したいお太鼓の柄の下に枕を当て、


 背につけます。(枕の紐を前に回して結びます。)


 ↑ ↑ ↑ そうです!枕を先に付けます赤い旗







枕を付けるとこんな感じになります。

まだ胴には巻きつけてないよ。





?帯あげを枕にかぶせます。

 (最初から枕にかけておいてもOKですが、あとからかけたほうが

  枕が背にピッタリ付きます。)


 ☆そして帯あげを前で仮結びしておきます。

  最後に結び直します。





?枕の下をキレイに三角に処理して、

 手先を右に折り返します。


☆このとき、左手は三角の頂点のところを持ち、

 右手は、帯の下(輪のになっているほう)を持って

 キュッと引っ張ります。


?一巻きしたら、もう一度

左手は三角の頂点のところを持ち、

右手は、帯の下(輪のになっているほう)を持って

キュッと引っ張ります。


ここで緩みがないように、しっかり締めることがポイント。





?前中心より少し左で(自分から見て)、

 残りの手先を内側におり込みます。





?ピンチでしっかり留めます。


 帯がゆるみそうな方、下の方もピンチで留めるとイイですよ。





?仮紐でお太鼓を作ります。





 仮紐は胴回りの下でしっかり結びます。

 ※手先をはずす時に邪魔にならないように。





?手先を通します。





?帯締めを通して、帯揚げも結びなおして完成ですグッド


慣れるまで時間がかかると思いますが、

何度かやっているうちにキレイに結べるようになりますよ☆

ぜひ試してみてくださいね楽しい





せっかくなので、帯揚げのポイントも〜〜


ちょうど脇にくる部分をギュッと押し込んでおくと

動いても帯揚げが崩れにくく、

長い時間キモノを着ていても、美しくすごせます。





脇から中心まで、ふんわりと仕上げましょうラブ


ご不明な点がありましたら、いつでもお気軽にお問合せくださいYES!

画像が消えてしまって見れない!><
という方は、コチラをクリック!→mioのブログ☆


MAILkokoya@nojimaya.net

TEL0957−48−5639

Comment




Сумка мешок своими руками выкройка

Сумка мешок своими руками выкройка

Сумка мешок своими руками выкройка

Сумка мешок своими руками выкройка

Сумка мешок своими руками выкройка

Сумка мешок своими руками выкройка

Рекомендуем к просмотру: